500kotuban (1)

骨盤調整でお困りなら横山療術院に
ご相談ください!

横山療術院の骨盤調整の施術法

横山療術院では骨盤調整の施術は筋膜を調整する筋膜整体で施術を行います。
検査によって筋膜の状態や骨盤、背骨を確認して、問題を起こしている個所を正しい状態に調整をします。
異常が出ている部位によって、背中側、お腹側、足、手の筋膜の癒着を解除し骨盤調整を行います。腰痛や肩こりを併発している場合は、その原因となっている筋膜の癒着を解除していきます。

骨盤調整

骨盤矯正とは?

骨盤はデスクワークや足を組む、重い荷物をいつも片方の手で持つ、などの日常生活の影響を受けて歪んでしまうこともあります。

骨盤は背骨から上半身、大腿骨をから下半身に直接つながっているので骨盤の歪みは、さまざまな形で悪影響を及ぼします。

姿勢の悪化、下腹部のふくらみ、肩こり、腰痛、むくみ、新陳代謝の低下、冷え性などの原因は骨盤の歪みからきていることも多くあります。

これらとは全く別の原因からくる骨盤のゆがみがあります。
それは産後の骨盤の歪みです。

産後の骨盤矯正は、妊娠、出産で歪んだ骨盤をもとの正しい位置に戻すことです。

骨盤矯正とは、この歪んだ骨盤の状態を正しい状態に戻すことです

300sango1.png

骨盤の役割

骨盤は、人の腰の下あたりにあり、上部は背骨、下部は股関節と繋がって、骨格の上半身と下半身を結んでいます。
また骨盤は、仙骨(仙椎)、寛骨、尾骨で構成されており、寛骨は、腸骨と坐骨、恥骨の3つからなる部分を言い、腸や子宮などの内臓を包み込むようになっています。

骨盤は家の土台

その『骨盤』は家の土台にあたります。
家の土台が傾けば、その上に立っている家は柱ごと傾きます。この原理は身体にも当てはまるのです。
つまり、骨盤の歪みを放っておくと、その骨盤の上にのっている背骨にも歪みが起こるというわけです。

骨盤の歪みとは

画像の説明

骨盤を構成する3つの骨をつないでいるのは、筋肉や靭帯です。
とても強い筋肉や靭帯でつながれていますが、座りっぱなしの時間が長かったり、同じ姿勢が続くことで悪い姿勢が癖になり筋膜が癒着を起こし骨盤が歪んできます。

また、出産で強い力で骨盤を支える筋肉が伸びたりすると、骨盤は正しい形が保てなくなり、3つの骨がズレたり捻じれたりして骨盤が変形する場合があります。

画像の説明

また、骨盤を支える周囲の筋膜や筋肉は、月経やストレスによるホルモンバランスの変化にも影響を受け、筋膜に問題が起き、骨盤に影響する場合もあります。
このような筋膜の癒着や骨の結合にズレや傾斜がおきる状態が、いわゆる「骨盤の歪み」とよばれるものです。

骨盤が歪む原因

画像の説明

骨盤はデスクワークや足を組む、重い荷物をいつも片方の手で持つ、などの日常生活の影響を受けて歪んでしまうこともあります。

骨盤は背骨から上半身、大腿骨をから下半身に直接つながっているので骨盤の歪みは、さまざまな形で悪影響を及ぼします。

・出産
・同じ姿勢が長時間続く(デスクワークなど)
・足を組む、横座りなどの姿勢習慣
・転倒や事故などの強い衝撃
・スポーツ

骨盤の歪みが身体に及ぼす影響

画像の説明

姿勢の悪化、下腹部のふくらみ、肩こり、腰痛、むくみ、新陳代謝の低下、冷え性などの原因は骨盤の歪みからきていることも多くあります。

上半身、下半身の動きや体重移動にかかる衝撃をやわらげたり、内臓を保護する役割をもった骨盤は、歪みによって、特定の筋肉が緊張したり、負担がかかって、痛みや全身の不調を及ぼす場合があります。

一見関係ないように思えても、姿勢悪化で下腹部など特定の場所に脂肪が溜まりやすくなったりします。



腰痛、股関節痛、膝の痛み、肩こり、頭痛、O脚、冷え性、むくみ、便秘、下痢、生理痛、生理不順、不妊、など

横山療術院が骨盤調整を進める理由

骨盤は体の中心なので骨盤を矯正することで全身へのメリットがあります。

骨盤の歪みを治し、歪む癖を治すことで肩こりや腰痛を起こしにくくします。

骨盤が本来の位置に戻ることにより、内臓への負担が減ることで、本来持っている働きが良くなります。それにより体の調子が良くなります。

血管やリンパを圧迫することもなくなるので、血流がよくなり、その結果疲れにくくなります。

体温が上昇することで風邪を引きにくくなり、肌の調子を整えることができます。リンパが改善されるとむくみも改善されます。

ご予約はコチラから

横山療術院の予約と地図

■石川県河北郡内灘町鶴ヶ丘5-1-343
■休業日:日曜、祝日
■営業時間:午前9時~午後7時
(最終受付時間午後6時)
ご予約、お問い合わせ↓↓
予約制(当日予約も大歓迎です!)

℡076-207-9013

LINEでご予約いただけます

a:535 t:2 y:3