なかなか痛みのとれない腰痛について

こんにちは!
TOYO0370-(427x640)
横山泰章です(^^)/

金沢市郊外・内灘町で筋膜ケアに特化した施術
【筋膜整体】を唯一受けることが出来る治療院です。

■横山療術院ってどんなとこ?↓↓
横山療術院のご案内

■どんな手技するの?↓↓
筋膜整体

■新型コロナウィルス対策
当院の取り組み

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ブログをご覧いただきありがとうございます。

画像の説明

慢性痛は、日常生活の小さな痛みや違和感から始まり、それを放置しておくことで痛みが慢性的に続くようになります。

痛みは身体の問題がある部分から感じるものと、脳で感じるものがあります。
なかなか症状が改善しない、
なかなか痛みが取れない・・・
そのような時、脳で痛みを感じていることがあります。

今回は脳で感じる痛みについてお話をします

多くの人は不安や恐怖を感じ「痛みが続いたらどうしよう」などと、
不安感が長く続くと脳が過敏になり、問題が改善しても痛みが取れなくなります。

また、職場や家庭などの人間関係によるストレスなどの社会的な原因が慢性痛につながることもあります。

この慢性痛の治療としては、
運動療法、認知行動療法、薬物療法の3つです。

①最も効果的で手軽なのが、ウォーキングやストレッチ、筋トレなどの運動療法です。
筋肉を鍛えたり、関節を動かしやすくすることは、長引く痛みを改善します。

②認知行動療法があります。
慢性痛は脳が作り出すことが多いため、物事のとらえ方や考え方のパターンを変えて痛みが改善することを目的に行われます。

具体的には、慢性痛が起こる仕組みや運動の重要性を学んだり、
痛みが起こるときの状況や気持ちを日記に書くなどの方法が行われています。

痛みに伴う不安や恐怖が強いと、動かなくなります。
このような生活が続くと筋力や体力が衰え、気分も暗くなり、うつ症状が起こることもあります。
すると、痛みをさらに強く感じるようになり痛みを感じる悪い循環になっていきます。

痛みが長く続くと「痛みがあるから何もできない」という考え方になってしまう人が多くいます。

しかし、考え方を前向きにすることも大切です。
「痛みはあったけれど、今日はこれができた」と考え、小さな成功体験を積み重ねていくと、自信がついて行動範囲を広げることができます。

自分のしたいことや楽しいことを想像しながら、運動に取り組んではいかがでしょうか。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

画像の説明

■石川県河北郡内灘町旭ヶ丘220
TEL:076-239-4212
営業時間:9:00~20:00
休業日:日・祝日

■LINEでのご予約はコチラから↓↓
https://line.me/R/ti/p/%40vvw3402f

■横山療術院HP
https://yokoyama-seitai.info/

■横山療術院の料金案内
https://www.yokoyama-seitai.info/index.php?%E6%95%B4%E4%BD%93%E6%96%99%E9%87%91

■横山療術院YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCUwZCHRRfc_9IruIpRLzUvA
毎週月曜日に更新中!!(月曜日が祝日の場合は火曜日になります)

a:23 t:1 y:0